決まったアルバイトの面接に緊張している場合ではない!

そこまで言うなら圧倒的に緊張しない方法!?でも日本人にとってみればここがよさでもあるよね

先月、かなり長かった前髪をバッサリ切りました。ちょっと対人恐怖症気味なので、前髪が長いと落ち着いていたんですよね。けれども、就活の時に「君さ、まずは前髪をどうにかしなよ。そんな髪の間から目がのぞいてる人間なんてどこも採らないよ!」と言われたんですよね。まあ、当たり前ですけど、ビシッと言われて「ああ、やっぱりか」と再確認したんです。

それでも、就活浪人になって数ヶ月は「切るのが怖い」とグダグダしていました。そうしたら、姉なんかに「視界が防がれてたら明るくなるわけないじゃん!甘えんな!」と無理やり美容院に連れていかれたんです。美容師さんと話すのが怖かったので「ひたすら雑誌を熟読する人間」を装ったのを今も覚えています。

前髪がサッパリした直後は「やっぱり落ち着かない!あの女め、復讐してやる!」みたいに穏やかではない心中でした。だけど、やっぱり視界が開けているのは良いもんですね。いつの間にか、心まで明るくなっていってたんです。

そうなると、少しずつ勇気も出てきました。まずは近所のレンタルビデオ屋さんへ、次はカフェへ、そして再び就活へ・・。まだ合格はもらっていませんが、明るく答えられていると思います。少なくとも、前よりはずっと明るくなれましたね。

前髪に隠れるのは楽チンだし簡単。だけど、目は悪くなるしどんどん偏屈な根暗になっていくのも事実です。とりあえず、私は切って良かったですね!

ある意味就職とバイトは似ている部分も多く、就活生でもおすすめのサイトである。
これ

この前、初めてファミレス飲み会を経験しました。正直「今度の飲み会、どこでする?」と幹事に聞いた時に「ファミレスだよ」と返事が来た時は「はあー?なんでファミレスにするかなー?」と思ったんですよね。だけど、予想に反して結構良かったんです!

まず、第一に安いんですよね。居酒屋なら500円はする焼酎ロックでも、ファミレスなら300円台とかである。つまみだって、居酒屋は簡単なものでも700円とかザラなのに、ファミレスなら400~500とかで結構なものが食べられる!これって、品数が多いと結構な差になりますよね。

あと、女の子たちもいたんですが「食べられるから嬉しい」と言ってました。「居酒屋だとつまみばっかりでお腹が空くし飲めない人はつまんない。でもファミレスなら食べるものは豊富にあるしデザートもたくさんだから楽しいのよね」だそうです。あ、それに「居酒屋みたいに味が濃くないのも健康的」とも言ってましたね。

僕は「飲んで食べてもいつもよりずっと安い!」の部分だけで見てましたが、確かにファミレス飲み会のメリットは多いですね。雰囲気としてはちょっと味気ない気もしますが、女の子がいる時にはこっちも良いかも。居酒屋は野郎だけの時の楽しみにします!

海外からの大量受け入れ、どうなるんでしょうね。まあ、人手不足な業界もあるし政府はノリノリなようですが、底辺市民としては気になるところ。特に、私が住んでいる田舎なんて仕事自体が少ないんですから。事務の求人が出たりした時は、賃金が安くても何十倍の倍率になるんですよ!

ハロワに行っても介護の求人ばかりで、腰が悪い私みたいな人間は門前払いされた気分。そんな所にバイリンガルで優秀な移民さんが来たりしたら・・あっという間に日本人は駆逐されるんじゃないですかね?

また、仕事以外にも治安上の不安があります。いたって平和な田舎町でも、たくさんの移民さんが来たりしたら・・夜の散歩はできなくなるかも。日本人は平和ボケしてると言われますもんね、ちょっと怖いです。

また、色んなトラブルが起きそうなのも嫌ですね。例えば幼稚園などの父兄会などで、日本人に比べて自己主張の激しい移民さんが頭角を現しそう。まあ、日本人は主張しなさすぎ、和を重視しすぎな部分はありますが・・それでも何とかうまくやっている気がしますからね。また「日本人には厳しくて外国人には優しい」と言われている生活保護などの問題もあります。

「大反対!」というわけじゃないけど、予想できる色んなトラブルに対して慎重な態度で望んで欲しいと思っています。このままだと年末には「なんだか外国人だらけ!」となっているのかも?ちょっと面倒ですね。

でも海外の人もいい人は多いし、そのあたりについては難しい問題だと思う。

ワールドカップの日本初戦、負けちゃいましたね。夫が観ていたので私も洗濯物をたたみながら観ていました。夫のテンションが、前半終了時と後半終了時に全然違っていて・・なんだか疲れていましたね。まあ、ドログバが入ってから「ポンポーンッ!」とばかりに連続で点を入れられたんだから無理もありません。

しかし、不思議だったのが東京の人たち。スクランブル交差点でしたっけ、テレビでハイテンションな人たちが騒いでいるところです。そこの様子がテレビに流れていたんですが、日本が負けたのにハイタッチをしてたんですよね。

まあ、あの中には相手国を応援してる人もいたかもしれませんが、それだったら日本代表のユニフォームを着てないはず。つまり、明らかに日本サポーターが「イエーイ」とばかりにハイタッチしてたということで・・夫の落ち込み様と対比して、かなり奇異に見えました。「負けたのに嬉しいの?」みたいな。まあ、夫は「一体感を楽しみたいんじゃない?」とフォローしていましたが。

それにしても面白いですよね、ワールドカップの最中(特に日本代表戦)って、点が入ったり取られたりする度に近所の家から「イエー!」とか「あーあっ!」なんて声が聞こえてきます。「お隣さんも観てるんだな」と、ちょっとした一体感。サッカー狂いの夫にウンザリすることもあるけど、このお祭りムードは嫌いじゃないです。日本代表、次は勝ったら良いですね!
バイトも頑張るしかないな。